由良野の森について

人と自然の相互依存・共生関係の本来の姿を求めて

由良野の森は、2003年春 由良野の森の発起人である清水秀明氏(現顧問)が約3㌶の土地を購入し、1本の木を植えるところから始まりました。
その後土地の整備が開始され、翌年2004年3月には、地元にある二名小学校の卒業記念のための参加者も含め、約50人が参加し、「鳥獣や昆虫などが住める環境を取り戻し、人が楽しめるだけでなく、そこに住む生き物のことも勉強できるように」、クヌギ・ナラを中心とした500本の植林が行われました。
2005年の2月には有志により、「木を育てる活動や、由良野の森の活動でのさまざまな活動に参加することで里山への理解を深めていく趣旨」のもとに、「ゆらの」という名の会がつくられました。翌3月には呼びかけによる参加者で梅と桜が植えられ、今では花見が出来るまでに育っています。
以来11年の間、たくさんの方々の応援参加をいただいたおかげで整備が進み、由良野の森は「自然と人の相互依存と共生関係の本来の姿を求めて」発展してきました。
今後も活動を充実させ、皆様のご協力をいただきながら増々の発展を目指したいと思います。

「自然と人の相互依存と共生関係の本来の姿を求める」ことについて

相互依存と関係性

物事は相互依存に依存しているといわれてもピンときにくいですが、物事はすべて関連がある、関係性にあるといわれると直感的にわかりやすいのです。物事が相互に依存するのは、関係性という言葉の意味をちょっと深めないといけません。

われわれは自然に依存し、自然もわれわれに依存しているといわれるとちょっと、ん?です。われわれが自然に依存しているのは当たり前です。自然というものがなければわれわれは存在しないのですから。しかし、自然もわれわれに依存しているのです。自然と一口で言いますが、大気、水、大地、ありとあらゆる生き物、生き物ではないもの、物理現象や化学現象を起こすエネルギーの変化、意識と物質のさまざまな局面を含んでいます。小さな微生物の営みも、多数となれば大きな影響を及ぼしますが、なんといっても、われわれ人間の認識や行いが、自然に影響を与えるのは明白です。大気汚染しかり、水の汚染と浄化、森林破壊と再生、すべて、われわれの意識と行いに依存しています。ヒト以外の多くの生き物にも影響を与えます。

原因は結果に依存し、結果は原因に依存しています。自然は、生み出したわれわれの影響を受け変化し、われわれは自然によって生み出されるということです。相互に関連があるわけです。

集合的に言えば、自然という全体集合に、われわれ人間、人間以外の生き物、生き物ではないもの、具体的には先ほどあげた、大気、水、大地、海、草木などなど別個に名づけられたおびただしい存在が要素として含まれています。全体集合としての自然は、部分に依存しているのは明らかです。部分も全体に依存しています。部分同士でも互いに依存関係があります。そして、大事なのは、すべてがお互いに関係し、影響しあって変化するということです。もっと言えば、われわれが学ぶのは、変化をつかまえるためです。宇宙のあらゆる起こりうる出来事、意識までも含め-変化―を記述したいというのが人の願いなのです。勉強というのはそのためのものです。たとえば、九九にしろ微分積分にしろ、変化を記述するために学ぶということを学校で教えないといけません。由良野の森での小さな体験は、自分の中での変化に気づくことです。本来、自然から生み出され自然にはぐくまれた自分を再認識することです。

2015年6月9日 清水秀明 顧問

こんなことしてます

由良野の森では、管理者がこの森で暮らし、生活しながら会員の皆さんと里地・里山づくりをしています。

  • 染織
  • めん羊・山羊・ニワトリ・蚕の飼養
  • 染料・薬用植物栽培、天然繊維の糸づくり
  • 杉・檜・雑木林・草地の手入れ、果樹などの栽培
  • 山菜栽培、保存食・調味料・山のごちそう作り
  • その他

ゲストハウス・由良野の森で様々な企画を提供します。
季節にあわせて染め織りのワークショップもひらきます
(随時ご案内します)

ゆらの基金

本会(ゆらの)の主旨に賛同して頂ける方の協力・寄付(ゆらの基金)を募っています。
詳しくは、ゆらの事務局までお問い合わせください。

ゆらの債について

ゲストハウス建設中、由良野の森隣接地の土地売却の話がありました。それは、ゲストハウスの水源地を含み、当時の由良野の森の2倍の面積でした。開発業者が入り水源地の汚染なども懸念されました。そして、発起人の間で協議の結果、土地購入の為の「ゆらの債」を発行するはこびとなりました。(現在は発行していません)

ゆらの債を購入して下さった方々へ

ゆらの債を購入していただき、誠に有難うございました。皆様のおかげで、新たな土地の購入がスムースにゆきました。由良野の森が広がり、水源が安定することは今後の由良野にとりまして、大変重要なことではなかったかと思っております。個人情報その他のこともありますので、ゆらの債を購入してくださった方々の姓のみ順不同で書かせていただきます。二神様、福水様、鶴見様、土井内様、中野様、山下様、泉様、以上の方々に感謝申し上げます。